ジェルネイル オフ セルフ

MENU

ジェルネイルのオフに必要なもの

ジェルネイルを落とすためにはしっかりとリムーバーを染み込ませることがとても大事。

 

固く硬化したネイルの下にも浸透しやすくするために表面を削るやすりと
リムーバーを染み込ませるコットンとコットンを覆うカバー、柔らかくなったネイルをはがすためのスティックが必要になります。

 

オフ専用のカバーやスティックはネイル専門のショップ以外にも100円ショップでも買うことができるけど
もっと節約したいという人は家の中にあるもので代用できちゃいます。

 

カバーの代わりになるのはアルミホイル。
保温性があるのでジェルがはがれやすくなるし
指先に巻きつけるので邪魔にならないからちょっとした作業もすることができるので便利。

 

スティックは固い棒であれば十分なので綿棒とか割りばし、細かな部分にはつまようじなんかも使えます。
余計な部分にリムーバーがつかないようにコットンは爪の大きさくらいに切っておくと、肌荒れも防げます。

 

あとはリムーバーがあれば準備完了です。

 

リムーバーはたっぷり使ったほうが落ちやすいので、大容量でジェルネイル専用のものがあれば落としやすくなります。
落とすために必要なのはアセトンなのでできるだけアセトン以外の物が入っていないものは避けます。


セルフでオフする方法

オフするためにはまず表面を荒くやすりで削ってリムーバーが染み込みやすい状態を作ります。

 

そこにたっぷりとリムーバーを染み込ませた爪のサイズに合わせたコットンを乗せて
アルミホイルで包んで20分ほど時間を置きます。

 

アセトンを大量に使うため匂いがきついので部屋の歓喜には注意が必要です。
アルミホイルでカバーするとリムーバーの蒸発が防ぐことができ、保温効果で落としやすくなります。

 

ここでさらに保温効果を高めるために上から蒸しタオルを巻くのも効果的。

 

使い捨てのポリエチレンの手袋をつけてお湯の中に手を浸すという方法もありますが
あまり温度が熱すぎるのも肌に負担がかかってしまうのでほどほどの温度にします。

 

時間がたってジェルがふにゃふにゃと柔らかくなったらスティックなどで押してはがすときれいにペロッととれちゃいます。

 

残ってしまった場合には無理に剥がすと、爪の表面まで剥がれてしまうので絶対無理に剥がしてはだめ。
もう一度リムーバーをつけてアルミを巻いて時間を置いたり、少量の場合はやすりで削っても大丈夫です。

 

リムーバーは必要な爪や肌の油分も取ってしまうので終わったら手を洗ってハンドクリームやオイルなどでしっかり保湿します。


管理人のお気に入りネイルサイト

・おすすめしない【逆】ジェルネイルキット ランキング
ジェルネイルキットの「逆」人気おすすめランキングサイトです。
普通のサイトはわりとおすすめのジェルネイルキットを紹介してるところが多いのですが、
こちらのサイトでは『買ったら後悔するかも』なジェルネイルキットを紹介してくれてます。
ここで紹介されてるジェルネイルキットを避ければOKなので役立ちますよ^^

 

・爪を削らなくてもOKのジェルネイルキット ランキング
このサイトでは、ジェルネイルで悩みの種である、爪が薄くなったり傷んだりしないよう、サインディングが不要なジェルネイルのキットランキングを紹介しています。
爪が薄くてなかなかジェルネイルできない女子におすすめです。

 

・プロがおすすめするジェルネイルキット
このサイトでは、ジェルネイルのプロがおすすめする、サロン仕様のジェルネイルキットを紹介しています。せっかく自分でジェルネイルに挑戦するなら、サロンでプロが実際に使っているキットを使いたいですよね。

 

・自宅で簡単に出来るジェルネイルセット
自宅で出来るジェルネイルセットの人気メーカーを紹介してくれているサイトです。
ジェルネイルセットもたくさん種類があるので迷っている方におすすめ!
実際に使った人の満足度が高い順にランキングで紹介してくれているので、これから購入予定の方の参考になると思います。

 

・不器用でも使いこなせるジェルネイルキット ランキング
定期的に、お店に通ってジェルネイルをしてもらうのは、お金がかかりすぎる。でも自分で塗るのは不器用だし、難しい。そんな女の子のために不器用でも使えるジェルネイルキットを紹介しているサイトです。